NETWORK NEWS

帯広畜産など北海道国立3大学統合、法人の経営方針を公表

2021/07/05

 帯広畜産、小樽商科、北見工業の北海道にキャンパスを置く3国立大学法人が2022年4月に経営統合するのに伴い、3法人は新法人の経営方針に関する最終まとめを公表した。経済・産業界の外部有識者の意見を的確に反映させる組織とするとしている。

 帯広畜産大学によると、新法人は「国立大学法人北海道国立大学機構」で、この傘下に帯広畜産、小樽商科、北見工業の3大学が入る。機構の所在地は3大学の地理的中間に位置する帯広市。法人の長である理事長は学外出身者とし、3大学の学長と兼務しないことにする。統合に伴う新理事長は合同理事長選考会議で選出する。

 経営に関する重要事項を審議する経営協議会を置き、委員の半数以上を学外出身者とする。3大学が横断的に取り組む教育研究事業の推進組織として教育融合推進センター(仮称)、法人の情報化などを支援する運営支援組織を設置する。3大学の事務局体制を再編するが、現状より肥大化しないように配慮し、組織運営に統合効果を出す。

 経営方針は北海道の経済界と連携を密にし、実学を担う機能を強化して北海道の持続的発展に寄与することを目指す。グローバル化と地域との連携をこれまで以上に強化し、社会の各分野でリーダーとなる人材を育成、イノベーションの創出に向けた研究に特に力を入れる。

参考:【帯広畜産大学】「経営統合による新たな国立大学法人の経営方針等について(最終まとめ)」 の公表について

大学ジャーナルオンライン:https://univ-journal.jp/103854/

一覧に戻る

まとめて資料請求

クリップした学校
0 クリップした学校はありません 全て見る

「クリップする」をクリックすると学校がクリップされます。
※クリップした学校へは、まとめて資料請求できます。

  • mypage
  • 共通テスト速報
  • 横浜薬科大学
  • 二松学舎大学
  • 神奈川工科大学